​ウルトラファインバブルの効果
ファインバブルの見た目に関する特徴について前頁で説明しましたが、それ以外にもファインバブルには様々な物理的な特徴があります。それらの特徴を上手く組み合わせることで様々な効果を得ることができます。
活用方法次第では、従来使用していた薬品や化学物質が不要になる可能性もあり、環境配慮面の効果も期待できます。

UFB 実証実験

UFB 実証実験

動画を再生

ウルトラファインバブルの代表的な効果

気体溶解効果
ファインバブルを活用すれば、液体中に気体を多量かつ効率的に溶かすことができます。
これは、気体溶解量に大きく影響を及ぼす単位体積あたりの液体との接触面積が大きいことに加えて、気泡内部が高圧で気体を溶解しやすいというファインバブルの特徴を十分に活かした効果です。
気体封入効果
活用の幅が大きく広がりつつあるのが、UFBが液中に長く留まることを活かした「気体封入効果」です。気泡の中に目的に応じた気体を封入することで、ファインバブルに更なる機能を付加することができます。
生理活性効果
「生理活性」は農業や医療・健康分野などで注目されている効果です。UFB は植物の根などから吸収されやすいため、酸素等を植物に供給するための効果的な手段となります。植物の成長が促進された事例も数多く報告されており、特に生育コントロールなどを厳格に行う植物工場やビニールハウス等での活用が期待されます。
ウルトラファインバブルの代表的な効果.png
気泡の中に目的に応じた気体を封入することで、ファインバブルに更なる機能を付加することができます。
以下は、ウルトラファインバブルに封入する気体とその機能についてです。
UFBに封入する気体と機能.png